紅葉と歴史ある神社を楽しめる 【ドライブルート】埼玉県・三峯神社

オープンカーがピッタリ!

首都圏はここ数年高速道路の整備がかなり進みまして、特に圏央道の登場により神奈川県から埼玉県への移動がとっても楽になりました!
神奈川県の海沿いは混むことも多く、気温が下がってくると泳ぐこともできないなぁ・・・ということで、三浦海岸から北上して紅葉を楽しむルートをご紹介しましょう!!

さて、秋の早い時期でしたら箱根よりも秩父・奥多摩方面の方が先に紅葉が見どころとなっていきます。
特に我々はレンタカー屋さんということで、車で行くのがベストなスポットをご紹介したいと思います。
それは・・・秩父市の三峰神社(みつみねじんじゃ)です!

秩父市から更に山梨方面に峠を抜けていく途中にある神社で、ここでは最高の紅葉を楽しむことができます。海外での知名度はまだ高くないのか、人もそれほど多くないので、ゆったりとした時間を過ごすことができますよ!ルート的には圏央道を使って神奈川県・厚木市→埼玉県・飯能市を通り、山を登っていき、秩父市街を通って向かうルートと、山梨県側から向かうルートの2つがあります。どちらも素敵な風景を楽しむことができますが、夕焼けを山梨側で迎える方が山間がキレイに染まってくれるので、前者のルートで三峰神社に行き、山梨側に抜けて帰ってくるルートをご紹介いたしましょう!

 

 

 

 

せっかくの紅葉ということで、屋根を開けて楽しめるオープンカーでのドライブをオススメさせて頂きます!
ハンドリングも楽しめるBMW Z4でのドライブはいかがでしょうか?

 

 

 

 

今回は往復約400kmの道のりということで、1泊2日の予定で向かいます。

夕方に三浦海岸を出発したら、北上して湘南海岸をたっぷり楽しめる国道134号に入りましょう!
丁度夕焼けが始まる時間に湘南海岸を走ると、江ノ島に沈んでいく夕日を楽しむことができます。

 

 

 

 

 

茅ヶ崎から新湘南バイパスに乗り、圏央道へ。
圏央道の青梅出口まで走り、そこからは一般道で秩父方面に向かっていきます。
長い峠道ですが気持ち良いコーナーが続きますので、対向車や動物に気をつけて楽しいナイトドライブをお楽しみください。

 

 

秩父に到着したら、ぜひ西武秩父駅前温泉「祭りの湯」へ!
温泉だけでなく、充実したフードコートやお土産店もあります。

 

 

 

 

 

秩父で一泊したら、出発前に「秩父神社」と「秩父まつり会館」にぜひ寄ってみてください。
秩父夜祭りでも有名なこの街の歴史をしっかりと感じ取って頂けるはず!

 

 

 

 

いよいよ三峰神社に向かいましょう。
山梨方面へ峠道を走ります。オープンカーなのでもちろん屋根は開けて走ります!
ヒーター全開&暖かい格好で乗ってくださいね!
意外と寒くないですよ!

 

 

 

 

峠道の途中から案内板も出てきますので、きっと迷わずいけるはず・・・!
途中で左折しますのでそこは見落とさないようにご注意ください!

 

三峰神社が近づいてくると、紅葉がどんどんと鮮やかになっていきます。
駐車場に到着すると、そこから歩いて神社に向かいます。途中の参道では見事な紅葉を楽しむことができます。
美しい三峰神社と紅葉のセット、非日常感の味わえる最高の組み合わせではないでしょうか。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。日光などの紅葉スポットと比べても人出は少なく、落ち着いて楽しむことのできる三峯神社。

日帰りで往復するにはかなりの体力を使いますが、もし一泊できる時間があるなら、たっぷり時間を掛けて回ってみてください!

お帰りは峠道をそのまま山梨方面に向かい、中央道・勝沼ICから圏央道を経由して戻るルートがオススメです!

 

 MODEL CAR:BMW Z4
(CARROZZA三浦海岸)
TEXT:渋谷 ジャンマークス典比古
PHOTO:渋谷 ジャンマークス典比古

 

 

«  |  |  »